レーシック用語集レーシック比較最前線

エピレーシック



エピレーシックとはフラップをエピケラトームで作るレーシック手術です。通常のレーシックで使われるマイクロケラロームは、フラップ厚100〜200μmで角膜を切り取りますが、 エピケラトームの場合は、約50μmの厚さで薄いフラップを作ることが可能です。

角膜実質層に切れ込みを入れること無く、手術を行うことが出来るようになった為、フラップの回復力も高く、角膜強度を保持し、切除面がきれいに仕上がるため、視力回復精度も高まります。角膜の薄い方や、激しい運動をする方に適しています。

最高のレーシック手術に思えるかもしれませんが、視力回復まで時間がかかり、両眼を一度に手術することもできません。術後もやや痛みもあります。




↓↓↓
手術直後






安心なレーシックの有名クリニックを確認しよう


レーシック用語
 イントラレーシック
 エキシマレーザー
 エピレーシック
 遠視
 オルソケラトロジー
 角膜
 眼圧
 感染
 近視
 失明
 視力
 点眼麻酔
 瞳孔
 ドライアイ
 白内障
 ハロー現象
 フラップ
 マイクロケラトーム
 ラセック
 乱視
 レーシック
 老眼
 PRK(ピーアールケー)



レーシック比較最前線