レーシック体験談レーシック比較最前線

この眼を一生守る決意


通常の生活になった現在、一度視力を低下させて復活した現在の視力は様々なところで役立っています。細かいところでは以前の視力に近い友人と車を乗っていると、管理人にははっきりと読み取れる看板の文字が隣では相当近づかなければ見えていないことではっきりと比較することができました

レーシックをやって良かったと思う瞬間の一つです。ただし、この視力を守り続けなけば元の視力に近づいていってしまいます。レーシックと言うのは当たり前ですが、人工の目になるわけではありません。あくまでも自分の目なのです。

目を酷使すれば、当然視力は低下していきます。また、裸眼でギリギリまで物が見えない生活に戻ることだけは絶対に避けたいという強い意志も生まれています。

現在もしっかりと目を休めることにも心がけています。レーシックを受けた誰しもが思っていることでは無いでしょうか?視力低下という言葉に恐怖さえ感じます。

視力を回復させるのがレーシックであり、視力を守るのはレーシックではありません。自分自身です。目に良い生活を一生心がけていきたいと思っております。


安心なレーシックの有名クリニックを確認しよう


レーシック体験談
レーシックを決意した理由
やっぱり不安でした。
思った以上にに賑わっていました
手術前日には黒眼が大きくなった
術中に安心した言葉
術後はやたらと光がまぶしく感じました
痛くないということはありませんでした
ある程度経過した
この眼を一生守る決意
レーシックを受けない人の理由
起きてメガネを探さない
時間がもったいないですよ
運転免許証が変わった日
レーシック失敗は本当?



レーシック比較最前線