品川近視クリニックレーシック比較最前線

プレミアムZレーシック【品川近視クリニック】



フラップの作成にトップビューカメラ搭載のFEMTO LDV(通称ダヴィンチ/Ziemer社製)と屈折矯正には多くの実績を残しているエキシマレーザー(コンディションメーター付設)を使用しています。従来型のFEMTO LDVでは、レーザー照射前にカメラでフラップの位置を確認してレーザー照射を行うことが出来ませんでしたが、当院で使用している最新のFEMTO LDVは施術中も患者様の眼を確認しながらフラップを作成することが出来るので安全で質の高い治療が可能です。
※トップビューカメラはFEMTO LDVを使用する上では大変重要なシステムです。

トップビューカメラ
組織ダメージ
フェムトLDVの場合、エネルギー量が小さいため、角膜の組織に与えるダメージも少なく、眼への負担が最小限で済むので、術後の炎症が少ない利点があります。また、フラップリフトがスムーズで術後経過が良好です。
眼への負担が最小限で済む

【特徴1】
フラップ作成後、部屋を移動せずにそのままエキシマレーザーの照射行程に入れますので、施術時間が短縮され眼への負担が少なくなりました。

【特徴2】
最新型の機器ではトップビューカメラが付いているので、施術中も患者様の眼を操作画面上で確認しながらフラップを作成することができ、更に安全性が向上しました。

【特徴3】
役職ドクターが施術を担当いたします。また、万が一トラブルがあった場合も役職ドクターが診察にあたりますので、施術だけでなく術後のケアの部分においても安心して受けて頂けます。

<安定したレーザー照射を実現したコンディションメーター>
施術時間 10分程度(両眼)
術後の定期検診 翌日・1週間後・3ヵ月後
保障期間 13年
屈折矯正を行うエキシマレーザーは、大変緻密で1/1000ミリ単位で角膜を削るので、湿度が変化すると切除量も変化して、仕上がりに影響がでます。 当院では、コンディションメーターによりレーザー出力周辺部を常時管理することで、安定したレーザー照射を実現しています。






世界トップレベルの実績を誇る品川近視クリニック
レーシック
品川近視クリニック


品川近視クリニック詳細
低料金のわけ
スーパーイントラレーシック
品川近視クリニックの実績
アフターケア
品川近視クリニックが選ばれる訳
アマリス Zレーシック
品川プレミアムZレーシック
トリプルRイントラレーシック
アイレーシック



レーシック比較最前線