レーシック比較最前線

コンベンショナルイントラレーシック
【SBC新宿近視クリニック】



コンベンショナルイントラレーシック」は、「VISX STAR S4 IR(ビジックス スターS4 IR)」の“コンベンショナルモード”を使用することで、「プラチナイントラレーシック」や「プレミアムiLASIK」で行なうよりも角膜の厚さを残すことが可能になり、強度近視で角膜の厚みが足りない方でもレーシック手術が可能となりました。

角膜の厚さが薄く、プラチナイントラレーシックや、アイレーシックでは手術が行なえない方、他院で角膜の厚さが足りなくてレーシック不適と言われた方にお勧めです。


VISX STAR S4 IR
「Intralase FS60(イントラレースFS60)」「VISX STAR S4 IR(ビジックス スターS4 IR)」
の機器を使用します。


安全で正確なフラップの作成
均一で薄いフラップを作成することができます。

フラップ面が薄く滑らか
フラップ作成の全工程をすべてコンピュータ制御で行うため、完全な円形でムラのない滑らかなフラップ面になります。

コンベンショナルモードを使用するため、角膜の削る量が少なくて済む
矯正度数に対して角膜の削る量が少なくて済むので、SBCプラチナイントラレーシックやアイレーシックでは照射不可能な強度近視や乱視でも手術可能です。

ラゼックと比べて術後の痛みがほとんどない
角膜の薄い方にはラゼック手術も適応になることがありますが、術後の痛み数日続くのと、視力の安定に時間がかかるのが欠点です。コンベンショナルイントラレーシックは他のレーシックと同様術後の痛みがほとんどありません。
(一部の症例ではラゼックを行なった方が術後の視機能が良好な場合がありますので、当院ドクターとご相談ください)

副作用や感染症の心配がほとんどない
施術時間が短く、眼への負担が少ないため、ハロ現象やグレア現象やドライアイが起こりにくくなっています。






こちらの資料請求・相談・ご予約は
湘南美容外科
医師も認めた安心の視力回復!SBC新宿近視クリニック


SBC新宿近視クリニック詳細
プレミアムiLASIK
プラチナSBKレーシック・エキスパート
コンベンショナルイントラレーシック



レーシック比較最前線



ブログパーツ