眼科松原クリニックレーシック比較最前線

松原クリニック診療の流れ


検査前の注意
  • 適正な検眼を行うため、検眼日まで、ソフトコンタクトレンズは3日以上、ハードコンタクトレンズは1ヵ月以上はずしていただきます。
  • 検眼の目薬は効力がございますので、検眼日は、車やバイクではなく、公共の交通手段をご利用ください。
  • 糖尿病など、他の症状がある場合は、その専門医と相談した上で手術を決定いたします。

1.問診・検査・診察
診察時間は約90分程度です。専門の検眼士がじっくり検査。検査の結果から、松原院長が診察。院長自身がしっかり診て、術前の説明もするコンサルティングレーシック・PRKで、インフォームド・コンセントも万全です。


手術前の注意
  • レ−シック手術当日は、フラップのズレ防止のため、激しい運動、衝撃をさけてください。
  • 飲酒なども手術日前後1〜2日はさけてください。

2.手術
手術時間は片眼わずか10分〜15分程度(術後、約30分ほど休憩)です。松原クリニックでは、より円滑な近視手術を行なうために、チームを組んで手術にあたっています。また、本当に必要な方にしか手術をお勧めしておりません。 レーシックにつきましては、2007年6月より-3D(ディオプター)以内の近視で乱視を伴わない方は、両眼18万円にて執刀致します。また、角膜が薄い方は角膜を切らずにレーザーのみで視力を回復するPRKがございますので、適応検査時に詳細をご案内致します。

3.アフターケア
術後翌日、1週間後、1ヶ月後、2ヶ月後、3ヶ月後、6ヶ月後、1年後検診の計7回となります。先の先まで患者様の眼の健康を考え、カルテは必ず10年以上保存しています。





こちらの資料請求・相談・ご予約は

松原クリニック




レーシック比較最前線